製品情報

電阻點焊機、浮凸焊接機、輪焊機、閃碰焊機、
三相焊接機與充電式焊接機

フラッシュバット溶接/パット溶接

flash butt welding machine's representative graphフラッシュパット溶接/パット溶接とは、抵抗溶接のうち、金属の端面同士を突き合わせて溶接する突合せ溶接の一種。同じ面積(または違う面積)、同じ材料同士(チューブ、バー、ロッド、シート、プレート)の溶接に良く使われています。アップセット溶接とも言います。溶接したい金属同士の端面に付き合わせた状態で電流を流し、抵抗によって起きる発熱を利用して溶接する。接触部が火花になって溶融飛散した後、溶接面が十分過熱された状態で強い加圧力を与えて接合する.

常見問題
 
1.

フラッシュバット溶接とは?

ガスや溶加材なしで二種類の材料を溶接する方法です。可動プラテンと固定プラテンにそれぞれに溶接材を固定します。可動プラテンが固定プラテンに接触する際、加圧します。金属の接合面に溶出と熔解というのはフラッシュバット溶接の工程です。フラッシュ溶接を終えてから、パット溶接を行います。

2.

パット溶接機とは?

見た目はフラッシュバット溶接機にあまりかわらないです。容量、溶接圧力、機械寸法はフラッシュバット溶接機より小さいです。可動プラテンと固定プラテンにより、十分な加圧力と電流で素早くに溶接物を接合します。アップセット溶接とも言います。パットようせつはフラッシュ溶接の工程はありません。

3.

アップセット溶接とは?

バット溶接に似ています.

4.

フラッシュバット溶接の用途と適用な材料は?

殆どの鉄合金も溶接可能。例えば、、炭素鋼、低合金鋼、アルミ合金、ステンレス、ニッケル合金。違う素材の溶接もできます。アルミと鋼など異種金属でもフラッシュバット溶接で対応できます。
用途について、鉄合金の棒材、例えば、フラットバー、四角鋼、H型鋼、丸鋼、 。円柱型の製品はエンジンのリング、ガスケット、リング、バイクリム、自動車リム、自転車リム、フランジなどを含まれています。電車のレールもフラッシュバット溶接を使っています。

5.

パット溶接機の用途と適用材料?

ほとんどの鉄合金溶接可能。例えば、、炭素鋼、低合金鋼、アルミ合金、ステンレス、ニッケル合金。線形が小さい板材、棒材、リング。肉厚が薄いチューブの溶接は適用です。

6.

フラッシュバット溶接の溶接手順は?

最常見的閃碰焊機或碰焊機自動操作流程如下。

  • (1) 部品を挟み、固定する
  • (2) フラッシュ溶接の電圧をかけ
  • (3) プラテンを動かし、接触部が火花になって溶融飛散
  • (4) フラッシュ溶接を終え、パット溶接開始
  • (5) 可動プラテンの速度を加速とともに、圧力と電流も上がります。
  • (6) パット溶接完了
  • (7) 部品を外す
7.

パット溶接の工程パラメータの変化?

速度、ある力、電流、距離となります。パラメータの変化により、溶接強度もちがう。

8.

特殊フラッシュバット溶接の溶接パラメータの設定は?

どのように特殊フラッシュバット溶接のパラメータを見つけることができますか? 類似な横断面の素材の溶接パラメータを参考する。繰り返しの測定で溶接パラメータを見つけます。ぜひ当社にお問い合わせください。